NEWS PHOTO ご入会について会社概要お問合せ

   
メトロノームMRC1でブレリア(Buleria)を弾く! メトロノームMRC1でルンバ(Rumba)を弾く!


多数のアーティスト達に賞賛されています。
2012.11.19MICHEL CAMILO&TOMATITO LIVE(BULUE NOTE TOKYO)2012.11.19MICHEL CAMILO&TOMATITO LIVE(BULUE NOTE TOKYO)2012.11.19MICHEL CAMILO&TOMATITO LIVE
(BULUE NOTE TOKYO)

ジャズピアニストのミッシェル・カミロとフラメンコギタリストのトマティートがブルーノート東京での公演のために来日。

ジャズとフラメンコの融合という歴史に残る離れ業を見事に成功させた二人に招待されライブへ出席。トマティートより注文も受け、メトロノームについてお二人よりコメントもいだだきました。

「実は、メトロノームを息子(ギターリスト)に貸したら、とっても気に入ったみたいで取られてしまったんだよ。自分のが欲しいんだ」とトマティート。
ラテン・ジャズの天才ピアニスト
MICHEL CAMILO
ミシェル・カミロ
1954年4月4日、サントドミンゴ生まれ。音楽一家に生まれ9歳でピアノ始める。1979年、ニューヨークに移住し、ジュリアード音楽学校でクラシックを学ぶ。これまで、16回ドミニカ共和国の国立交響楽団で演奏し、1985年にアルバム「叙事詩」をリリース。グラミー賞、エミー賞を獲得している。
http://michelcamilo.com/
フラメンコ・ギターの最高峰
TOMATITO
(トマティート)
1958年のスペイン生まれ。フラメンコギタリストのニーニョ・ミゲルの甥で、生粋のヒターノの血を引くギタリスト。子供時代から演奏家として活躍し、天才歌手のカマロン・デ・ラ・イスラの楽団で一躍脚光を浴びた。1987年「La leyenda del tiempo」でソロデビュー。現在、最もモダンなフラメンコ奏法を得意とするギタリストのひとり。

El Flamenco Metronomo Equipo Harada, es defintivamente una muy buena  herramienta para ayudar a entender los”palos”del Flamenco. Es altamente recomendado de practicar con el mismo.
Sinceramente.


「メトロノーム エキーポハラダ」は、フラメンコの曲を理解するのに非常に役立つものです。これを使って練習することをお勧めし、心よりこのメッセージを送ります。

ミシェル・カミロ

El Metronomo Flamenco Equipo Harada, es muy util para tocar los ritmos Flamencos. Estan todos los ritmos del Flamenco y aconsejo que el que no conozca los palos de Flamenco, estudien con el Metronomo Equipo Harada.
Con gran gusto y afecto de
TOMATITO.

「メトロノーム エキーポハラダ」は、フラメンコの曲を弾く為にはとても便利です。たとえフラメンコのパロがわからなくても、このメトロノームにはすべてのリズムが入っています。メトロノームを使って練習しましょう。
これを紹介できる事を心よりうれしく思います。

トマティート



Jose Luis Lopez Fernandez(ホセ・ルイス ロペス フェルナンデス)
Maestro de Violoncello del Conservatorio de Madrid.
マエストロ・デ・チェロ  コンセルバトリオ・デ・マドリード
photo:http://es.wikipedia.org/より
このメトロノームは、クラシックまた一般のミュージシャンにとって非常に役に立つ機器である。
まず、操作方法が非常にシンプルで使い易い。
特筆する点は、リズムパターンを自然な音の流れ(コンパスのアクセントを音の長さを変える事により表現)で示してくれるので、
2拍子、3拍子、複合の拍子として成り立つコンパスの仕組みを、はっきりとしたアクセントでクリアにイメージできる。
そして異なる音で今自分がいるコンパスの箇所を、間違いないはっきりとした形で示してくれるのでとても素晴らしい。
このメトロノームは練習の効率化を図り、フラメンコの世界に深く入り込むのに欠かせない物だ。
フラメンコのリズムにアプローチ、理解するのに関心がある全ての音楽家、アーティストに私は推奨します。


Belén Maya(ベレン・マジャ)
フラメンコ界の二大アーティストである、カルメン・モラとマリオ・マヤの娘であるベレン・マヤは、今日のフラメンコ界における最も重要な踊り手の一人である。 彼女は純粋なフラメンコを常に保ちつつ現代舞踊の技術とニュアンスを取り入れた最初の踊り手の一人である
左写真:タブラオコルドベスhttp://www.tablaocordobes.com/
右:Belén Mayaホームページhttp://www.belenmaya.com/(別ウィンドウで開きます)

EQUIPO HARADA MRC1このメトロノームは素晴らしい!
操作がとっても簡単、その上全てのフラメンコのパロに役立つ。
現存のメトロノームではコンパスのアクセントがとってもわかりにくかったのが、これは非常にはっきりとわかる。最高だよ!

特にシギリージャ、タラント、ソレアのアクセントがはっきりしていてコンパスがわかりやすく、最高に良いよ。
私は、このメトロノームに大満足。そしてこれを使ってたくさん練習するね。
よりレベルアップしたサパテアードとコンパス感覚を持つ為にね。


 

アドリアン・ガリア 
(Adrian Galia)

幼少の頃より踊り手である両親のもとでフラメンコを始める。スペイン国立バレエ団の舞台作品の振り付け、又著名な唄い手レコーディングなど幅広い活動を行う。世界的に著名な「アントニオ・ガデス舞踊団」の第一舞踊手、ソリストとして招かれ、世界ツアーに主役として参加し、世界各地で絶賛を浴びる。
今、毎日のクラスの中でMRC1を使っています。フラメンコを勉強していく上でコンパス感を養う為、踊り、ギター、パルマ(手拍子)、他の楽器にも絶対に必要な物であると断言できます。そして、それは世界中のどの国においても同じであるという事です。

 

ディエゴ・ロサーダ 
(Diego Losada)

生粋のヒターノ(ジプシー)のギタリスト。「スペインで一番コンパスの良い」と言われている名門ファミリー“ロサーダ”の中心的存在。 幼少の頃よりプロ活動を開始。卓越したコンパス感、テクニック、音楽感は世界中で絶賛され、数々のCDも録音、発売。また伴奏においても、ホアキンコルテス、サラ・バラス、ハビエルハロン、など超一流のアーティスト達とも共演し、その世界において「天才」と評されてきたギタリストである。 ※フラメンコメトロノームMRC1はディエゴとの共同開発。
「このMRC1は自分達の血の中にあるコンパス感を再現したものであり、フラメンコで唯一使えるメトロノームはこれだけである。そしてギタリストにとってレコーディング時に絶対必要不可欠なものである。」
(タンゴ、ソレアなど随時アップしていく予定です!2012.4.12)

ルキ・ロサーダ(Lucky Losada)
ロサーダファミリー出身。フラメンコ界、屈指のパーカッショニスト。近年トマティートと共に世界各地を公演活動し絶賛を浴びる。ディエゴ・ロサーダの甥あたる。
ペルーチェ(Peluche)
生粋のヒターノ(ジプシー)のパーカッショニスト。 特にブレリア、タンゴを得意とし、フラメンコはもちろん他のジャンルのプレーヤーとの共演、レコーディング等幅広く活動し、その卓越したリズム感覚は各地で賞賛されている。 その実力は高く評価され、バレエナショナルなどで活動。
 

※2011.9.29更新
発売から5ヶ月、スペイン人アーティスト(使用者)から感想が届きました!!

パブロ・スアレス
このEQUIPO HARADAは、非常によく考えられて作られていて本当にすばらしいと思う。
フラメンコのリズム(コンパス)を習得するための基準となるだろう。
Es que a quien se lo hemos enseñado le ha parecido guay!!
Es cierto que todos coincidimos en que esta muy bien pensado para el flamenco que es el objetivo,no?

ラファエラ・カラスコ
フラメンコのリズム(コンパス)を習得したい人には必須。
このEQUIPO HARADAで学んだ人には可能性が広がると思います。
Que deberia ser obligatorio para cualquier persona que quiera acercarse al ritmo del flamenco....
Estaria bien que todos los que estan aprendiendo,tuvieran la posibilidad

私達2人の感想は、
EQUIPO HARADAによって、コンパスを容易に理解でき、習得できる!
De adquirirlo.......pensamos que les facilitaria el entendimiento del compas!

※2012.1.20更新
クルシージョで来日した大物アーティストも絶賛!!使用しての感想いただきました。

ロシオ・モリーナ 
(Rocio Molina)

1984年、マラガ出身。3才から踊りを始め、7歳で地元の舞踊コンクールにて優勝。13歳よりマドリード王立舞踊学校で学び、主席で卒業。2001年にマリア パヘス舞踊団へ入団。2002年、振付コンクールで「最優秀女性舞踊家賞」受賞。2003年ソリスタとして独立しフェスティバルなどに出演。以後、数々の賞を受賞。現在、世界各国にて公演活動と共に振付家としても活躍中。 2011年11月、当アカデミアクルシージョ講師として来日。
【私達も常にこのメトロノームを使います。本当にこのメトロノームは素晴らしいです】
私はこのメトロノーム(MRC1)を踊り手、音楽家そして全ての人々が使うべきだと本当に思います。私の意見として、これによりとても大切なコンパスの基本、妙味を理解し、身に付けていく事が出来ると思います。また、このメトロノーム(MRC1)は、非常に特別でコンパスのバセのアクセントとそれ以外のアクセントを持っていますが、このようなメトロノームを見い出す事は非常に難しい事です。そして、このメトロノームと常に練習する事を絶対にお薦めします。

ロサリオ ”ラ・トレメンディータ”
(Rosario”La Tremendita”)

ロシオ・モリーナと共に活動している人気急上昇中のカンタオーラ。時折かすれる高めの声が儚く美しい。
「 A TIEMPO/ ア・ティエンポ 」CDも出している。
【これはマジックの様なメトロノームです!】
このメトロノーム(MRC1)を唄い手、ギタリスト、踊り手、アフィシオナードの方にお薦めします。何故ならこれにより非常に大切なコンパスの基本「センティード」を学べるからです。毎日メトロノームで練習する事はとても大切です。これはマジックの様なメトロノームです。それは、コンパスのバセのアクセントとそれ以外のアクセントがあるからです。本当にコンパスの基本を学ぶ事はとても大切で、それはその時にとても役に立ちます。全てのみなさんにお薦めします。
 
 
※世界的なアーティスト随時更新予定!
MRC1特長と効果について⇒

 

 

 

このページのトップへ

有限会社ジェイ・ピー・カルロス
〒106-0041 東京都港区麻布台2-3-3 Daiwa麻布台ビルB1 Tel:03-5575-5477 Fax:03-5575-5478
フラメンコアカデミア・ギター教室・リズム教室
■フラメンコ・クラス・スタジオの企画・経営■舞台・音楽などにおける企画・制作 ■音楽関連の各種教則DVD販売 ■スペイン人クルシージョ
Copyright (C) J.P.CARLOS Corporation. All Rights Reserved.